ケンカ以外にも何かと気を遣うことも多かったですね。出席者は気の置けない友人だけとかであればないと思いますが、来賓を呼んだり、会社の上司を呼んだりしたら席の位置や引き出物の内容を変えたり、スピーチをお願いするために一席もうけたりと何かと面倒だった記憶があります。もちろん形式にこだわらなければこのようなことは必要ないと思いますが、そうはいかない場合もありますので、相手を選ぶのも重要です。デメリットとはいえ、デメリットにしない為に対策をあらかじめ講じておけば、結果ずっと楽しく準備が出来たということもあると思いますので、あくまでも参考にして頂いて、皆様がハッピーな披露宴を迎えられますことを心よりお祈りいたします。

 

ページの先頭へ