• HOME
  • 結婚に必要な準備

結婚に必要な準備

結婚が決まればたくさんの準備が必要になってきます。といってもいざ何から始めればいいのかさっぱりわからない方がほとんどだと思います。まずはCMの影響もあるかと思いますが、Zのつく雑誌を買うところから始める方をよく耳にします。ちなみに私もその1人です。あのCM見ちゃうと、いざ自分がその立場になった瞬間本屋さんに直行しちゃいますよ。もちろんバタフライがバックミュージックには流れていましたね。もしかすると、この本を買う瞬間が一番テンションの高い時期かもしれませんね・・・。

雑誌を購入したらまず熟読して、一旦幸せをかみしめた後決めることの多さにちょっとビビッてしまうかもしれません。でもまだこの段階ならば楽しめるはずです。現実は後からどんどんやってきますから。私の場合はまずは”指輪”選びからスタートしました。何よりこれが一番楽しい決め事でしたね。もしかすると人生で一番高価なプレゼントになるかもしれないので、それはそれは時間をかけてリサーチをして何度もお店に足を運んで試着しまくりました。夢は膨らむ一方ですから見れば見るだけ石も大きなものを欲するようになりますので、あらかじめどのレベルまで要求していいのか話しておくのが無難だとは思います。

また、サプライズで用意される方もいらっしゃると思いますので、自分の好みがはっきりしている方はあらかじめアピールしておくことも必要ですね。指輪のイメージを固めつつ、平行してイメージを固めなければいけないのが”衣装”です。私は全くと言っていいほどこちらは興味がなかったので本当に大変でした。まず、何を着るのか?打掛?ドレス?カラードレス?はたまた地味にワンピース?とまぁ組み合わせも考えなければいけないのでイメージがないと何を選んでいいやらさっぱりわかりませんでした。

まずは、雑誌を読み漁って可愛いと思ったデザインをピックアップしておくことが大事ですね。ただ、実際そのドレスが借りる場所にはないことが多いのであくまでイメージを持つことに最初は力を注ぎましょう。いざ試着など始めるとまた迷ってしまうのですが・・・。

衣装にようやく興味を持ち始めたら、それに合わせた”ブーケ”も考えなければいけませんね。もともとお花に興味のある方は楽しい作業になりますが、これまたあまり興味のなかった私には花の種類もよくわからず、これ可愛い!と思っても季節があると言われたりしましたので、これもある程度前もって意識には入れておいた方が、直前に言ってお花が用意できないということにならないように気を付けておいた方がいいですね。

あと、何より大事なことが”式場”選び。こちらは日取りなどによっては1年以上前から予約が入っていることもあるので、どうしても譲れない日などこだわりのある方は何よりも早くおさえておいた方がいいと思います。ちなみに私は1年以上前から日を決めていましたが、予約は同日の1年前からとれますと言われ、その日を待って予約をしたらちょっとした時間差で予約をさき越されまして結局日を変えるという始末になりましたので、まだまだ時間があるから大丈夫とタカをくくっていると痛い目に遭いますのでお気を付けください。

披露宴も開催するとなれば、曲や演出、余興なそ細かい決め事もたくさんでてきます。いざ自分が主役の立場になった時に改めて”友達の結婚式どんなだったかちゃんと覚えておけばよかたぁ・・”と後悔してしまいましたが、もしみなさんがこれから誰かの披露宴に出席することがあれば、よかったポイントを忘れないように何かに残しておくことをお勧めします。この後のページではそれぞれの決め事についてのもう少し突っ込んだ情報をお届けしますので、参考にしてみてください。

 

ページの先頭へ