ブーケの種類

ドレス選びが一段落したらドレスに合わせたブーケも必要になってきます。ドレスのように、ブーケにも基本的な形(シルエット)がいくつかあります。ドレスのタイプによって似合うブーケの形も変わりますので、ご自身のイメージをどのように変化されるのか考え、シルエットや雰囲気、会場装花との相性のいいものを選んでいただきたいですね。ブーケは平均して2個使用される方が多いようです。白ドレスに白とカラーの2種類のブーケを持ち替えてもいいし、白ドレスで1個、お色直しの衣裳ごとに別々に用意して、ガラリと雰囲気を変える演出も素敵ですね。また、ブーケトスをするなら、使ったブーケを残したい方はトス用ブーケを用意する必要もあります。ブーケで変化を楽しむことができるので、実はとても需要なアイテムといえますね。ドレスの雰囲気や会場装花のイメージに合わせることも必要ですが、デザインや素材に種類がありますので実際どのようなものがあるのかご紹介いたしましょう。まずは形ですが、よく見られる形だとラウンド型・オーバル型・クラッチ型ですね。ラウンド型は名前の通り丸いシルエットで、可愛らしい雰囲気をイメージできるので、Aラインやプリンセスラインにはピッタリです。次にオーバル型ですが、別名”ティアドロップ”とも言われ涙のしずくに似た形で少し縦にラインのでるシルエットです。ボリューム感があり、大きめの花や動きのある葉ものが映えて花材次第でイメージを変化させられるので、どんなドレスにも合わせやすく、中でもプリンセスラインにはそのドレスのボリュームさに引けを取らないので相性の良い形です。そして、クラッチ型。こちらは花を束ねただけのナチュラルなスタイルです。ブーケの根本に芯などを入れず、軽くリボンで結ぶタイプですので、花の量は少し抑え目で、花の種類も茎のしっかりしたものでないと持たないので、柔らかい雰囲気の花よりはカラーのようなスレンダーなものが向いているといえます。また、シルエットも他の形に比べてアレンジができないので、シンプルでナチュラルテイストが好みの方におススメですね。また、最近では形式にとらわれない方も多いので、着物にブーケを持つ方もいらっしゃいますがそんな方にはバック・ボール型がおススメです。名前の通り持ち手がついたバッグ型やボール型のブーケなので、着物のバックを持つ感覚で、着物の雰囲気に馴染むので和洋折衷を上手に表現できるかと思います。次に素材ですが、もちろん生花で作るものがほとんどですが、生花は時間が経てば枯れてしまうのでキレイなブーケを残しておきたい方にはプリザーブドフラワーやシルクフラワーを使ったブーケがおススメです。プリザーブドフラワーは生花を生きたまま薬品につけて、色も風合いもほぼ生きた状態のまま、長期保存ができる新しいドライフラワーです。そしてシルクフラワーとはシルク素材でできた、いわゆる造花のブーケです。とてもきめ細かく作られていて、言われなければ造花とはとても分からないくらいですが、自然のお花の持つ風合いなどに欠ける面は否めないので、雰囲気を大切にしたい・こだわりたい人はちょっとにはあまりおススメはできませんね。一番のメリットは、その価格の安さです。プリザーブドフラワーのようにもちろん保存も利くので、記念にも残せます。ブーケも会場装花同様値段はピンからキリまであるので、こだわりは残しつつもコストを抑えるのであれば素材を検討してみるのもいいのではないでしょうか。もちろん生花にこだわる方でどうしてもブーケを残したいという方もいらっしゃると思いますが、そんな方には押し花ブーケという方法もあります。ブーケをそのまま残すというよりは額に入れて押し花として残るタイプです。お花屋さんで頼めるところもあると思いますが、私のブーケを作って頂いたお店は大体3万円くらいと言われ、ちょっと高いと思い断念いたしましたが、ご予算に余裕のある方は是非押し花ブーケ頼んでみてはいかがでしょうか。他にもお花の種類も豊富にありますし、デザインによっては合う合わないお花の形などもあるので、時間があるときに雑誌などをみてイメージを膨らませておくことも大事ですよ。あと、お花には季節があるのでご自身の結婚式の開催時期なども視野に入れておく必要もあります。イメージにぴったり合ったブーケに出会うには努力は惜しまないようにしてくださいね。

http://www.aeonet.co.jp/kids/
子供英会話イーオンキッズ(AEON KIDS)

 

ページの先頭へ